スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
作詞家になろう 第3段
というわけで参りました、作詞家になろう第3段。
ランデブーさん、もといランちゃんが素晴らしいアイデアを出してくれました故、僕も彼のアイデアを使いたいと思います。なので、秘密基地に『企画!作詞家になろう』のスレッドが近日中に立ち上がります。
そういうわけなんで、寝る前に一つ書き残しま〜す。



『神様なんか居ない』

神様なんか居ない
居たら世界は平和だ
神様なんか居ない
居たら世界は平和だ

回り続ける地球の上で
僕らは必死に歩いてく


神様なんか居ない
神様なんか居ない
アイツはとうの昔に消え去った
めんどくさくなって消え去った
だけど僕たち人間は
神にすがって生きていく



神様なんか居ない
居たら僕は幸せだ
神様なんか居ない
居たら彼女も幸せだ

回り続ける地球の上で
僕らは必死に走ってく


神様なんか居ない
神様なんか居ない
アイツはとうの昔に逃げ去った
言い訳だけ残して逃げ去った
だけど弱い人間は
神にすがって生きていく



神様なんか居ない
神様なんか居ない
だけど未来へ生きていく



―――――――――――


初の題名付きです。ハイロウズやブルーハーツを意識してみたんだけど、上手くいかないなぁ……。
感想あればお願いします。
| 歌詞 | 17:15 | comments(0) | -
クソ難しいぞ、今回……
作詞中の蓬莱です。

今回は珍しく、題名も付いてる詞です。ハイ。


ところでですね。この作詞企画を、『小説家になろうー秘密基地ー』で、ちゃんとした企画にしてしまおうか悩んでるのですよ。ジャンルに『詩』が新たに加わったわけですので、せっかくだから『詞』を投稿してしまおうかと思ったんですけどね…。


というわけで、このブログを見ているそこの貴方!この件について、何か意見があれば書き込んで下さい。具体的に言えば、なんだろ、もし企画をするなら参加しますよ〜とか、こういうのはやめた方が良いとか。なんでも良いので、何かしらご一報下さいな。

| 歌詞 | 22:39 | comments(1) | -
作詞家になろう 第2段
さぁて、やって参りました、『作詞家になろう』第2段!またもや題名考えてません。ではどうぞ!





『無題』

血塗られた少年の左手
傷だらけの少年の右手
幼い頃に負った心の傷は
今も彼の心を蝕んでいる

ねぇそんな顔しないで
私は君の味方だよ

流れる涙はどこかへ仕舞って
思いっきり笑ってみようよ
君なら出来るはずだよ
人が信じられないのは仕方がないけど
私は君を信じてるから
君も私を信じてみない?


涙で濡れた少年のほほ
怒りに満ちた少年の心
幼い頃に味わった悲しみは
今も彼の心を苛ませる

ねぇそんな顔しないで
私は君の味方だよ

溢れる怒りはどこかへ仕舞って
とりあえず笑ってみないかい?
そうすれば分かるはずさ
人が信じられないのは仕方がないけど
私は君を信じてるから
君も私を信じてみない?


私が君を助けてあげる
心の傷を癒してあげる
暗くて深い闇の底から救ってあげる
そして一緒に手をつないで
あの銀の階段を駆け上がろう
悲しみや憎悪からは何も生まれない
だから思いっきり笑ってみよう
私と君とで世界を作ろう
私が君の光になるから
私が君の希望になるから
だから君も
私を信じてみないかい?



――――――――



あい、ごめんなさい、恐ろしいまでに長くてごめんなさい。
こんな題名はどう?みたいな案があればお願いします。
| 歌詞 | 10:02 | comments(0) | -
負けてらんねぇ!
ランちゃんのブログで歌詞がアップされてた。

ヤバい!巧い。訴えてくるのがあるんだもん。
俺も負けてらんねぇ。ちょっと今夜頑張ってみるぞ!
| 歌詞 | 21:32 | comments(0) | -
企画!作詞家になろう
ランちゃんの所で、歌詞を書いてみようって企画やってたのを見たから、面白そうなんで俺もやってみようと思いま〜す。
ランちゃん見てる〜?



『無題』

どこへ向かっても良い
道なんていくらでもある


若いうちにやりたい事やっちまえば良いのさ
たまにガマンして
時に楽しんで
声を嗄らすほど
自分を叫ぼう



僕たちには時間があるからなんでも出来るさ
思いきり泣いて
思いきり笑って
声を嗄らすほど
自分を叫ぼう


どこへ向かっても良い
若い僕たちには
道なんていくらでもあるんだ




→→→→→
と、まぁこんな感じかな。ランちゃんは物語系だったけど、俺は完全に歌詞を目指してみた。
ん〜微妙。やっぱり作詞家ってすげぇんだなぁ。勉強してみよ。
忘れた頃にまたこの企画をやります!
| 歌詞 | 15:28 | comments(1) | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE